新着情報

耕援隊とは ABOUT KOUEN-TAI

 

耕援隊とは

平成21 年度の農水省の統計によると、日本の農業者は280 万人といわれており、国民の約3%が日本の農業を支えています。そしてその農業者の70%が65 歳以上の高齢者であり、毎年約10 万人ずつ農業者が減少しております。経済社会が日々変化する中、自国の土地で食べ物を作れない国が豊かだと言えるでしょうか?

そんな農業問題を解決すべく、若い世代が安心して農業に参入できるように、 耕せにっぽんプロジェクトの応援団「耕援隊」を結成しました。

『自らは耕さなくとも消費することで新規就農者を支える』

そんな耕援隊の皆様より野菜ができる前に応援費を お預かりし、その費用で種や肥料を購入し野菜を育て、旬の季節に旬のお野菜をお送りさせて頂きます。 北海道の大地に『お抱え農家』を持っていると思って頂ければ幸いです。

日本の次世代の農業者を育成するべく、自らは畑を耕さずとも新規就農者の野菜を消費することにより、未来の農業者を育て応援し日本の一次産業を再生させる。耕援隊へのご賛同よろしくお願い致します。

耕せにっぽん応援団 耕援隊 大募集!!

くわ隊員
年間耕援隊費:\10,000
「くわ隊員」の皆様には、年間2回、食の安心・安全にこだわった、無農薬で体にも優しい前向きエネルギーいっぱいの「スイッチ・オン野菜」たちをお送りさせて頂きます。
耕し隊自らが世話し愛情たっぷりに育てた豚さんたちのお肉を使ったソーセージ等など、感動を詰め込んでお届けします。


耕運機隊員
年間耕援隊費:\30,000
「耕運機隊員」の皆様には、年間4回、食の安心・安全にこだわった、無農薬で体にも優しい前向きエネルギーいっぱいの「スイッチ・オン野菜」たちをお送りさせて頂きます。
耕し隊自らが世話し愛情たっぷりに育てた豚さんたちのお肉を使ったソーセージ等など、感動を詰め込んでお届けします。

 

トラクター隊員
年間耕援隊費:\50,000
「トラクター隊員」の皆様には年間計5 回食の安心・安全にこだわった、無農薬で体にも優しい前向きエネルギーいっぱいの「スイッチ・オン野菜」たちをお送りさせて頂きます。
耕し隊自らが世話し愛情たっぷりに育てた豚さんたちのお肉を使ったソーセージ等など、感動を詰め込んでお届けします。

年間耕援隊費のお支払い方法や、「耕援隊」お申し込み用紙はこちらから

こちらからも、お申し込みいただけます。
オンラインショップ
耕せフォトアルバム

PAGETOP