引きこもり ニート 就業支援サポート 耕せにっぽん 募集

新着情報

引きこもり ニート 就業支援サポート 耕せにっぽん スタッフブログ STAFF BLOG

「他人だからこそ」

 

電話相談を開設してから

たくさんのご相談のお電話を頂いてます。

ご家族の勇気に本当に感謝いたします。

ご相談をお聞きする中で

20年以上引きこもってる方もいます。

今まで関わった最高記録は

ひきこもり歴18年でしたから 

まだまだ根深い事情を感じています。

ご相談を受ける中でご家族が

「私がなにを言っても無視する」

「私の言う事をわかっていない」と

お聞きしますが、実は本人が一番良くわかってるし

その葛藤に何年も苦しんでいます。

世の中でどんなふうに思われてるか、親に迷惑をかけている事も

どうすればいいかも わかっています…と

ご家族には伝えています。

わかってても 出来なくて 自分にダメ出しをし続けるから

怖くて動けなくて 家族には心配かけたくないから

無視したり、強がってるのです

そしてご家族に 指摘され 注意され ケンカして

自殺未遂までして ご家族が腫れ物に触れるようになって

距離が広がり

本当は一番心配しているご家族がいつの間にか 

味方ではなくなってしまってるのです。

他人と関わらないからこそ 弱音や本音を

言えなくなってしまいます。

自分でもご家族だけでも

今までどうする事も出来なかったのなら

他人に助けを求めればいいと思います。

ぜんぜん恥ずかしい事ではありません、

僕も家族と意思疎通がうまくいかない時は代弁してもらう為に

躊躇なく他人に力を借りる事があります。

文昭さんにもよく手伝ってもらっています。

それは他人だからこそ中立だから、迷惑をかけないから

本音を言えたり 聞けたりするのです。

引きこもる事は特別な事ではありません。

普通にちゃんと学校に通っていたり社会に出ていても

「子供が何を考えてるかわからない」とか

「なんか辛いことを隠しているかも」の延長なのです。

他人や友人や利害関係の無い大人には本音を話してくれます。

だからぜひ 相談してください。

そして僕がそんな若者と直接話すなら

最初の一言は

「今まで一人でよ~がんばったな しんどかったやろ」です。

他人に自分の葛藤や頑張りを認めてもらえるから

外にでる勇気をもらえるのです。

そして長く引きこもってた人は立ち直ると必ず

「僕みたいに苦しんでた人に“大丈夫?”って言ってあげたい」と言う事が多いのです。

「教師になって子供達を助けてあげたい」と言う者もいました。

一人で苦しんだ経験は無駄ではなく

かならず どこかで人の役に立ちたいのです。

そんな長く引きこもってた経験がある人が復活できたら

どれでだけの人が 勇気がもらえるか

自分の人生を救うと同時に

家族や周りの人生を救う事になるのです。

その苦しかった経験が人のお役に立つのです…

しかしそんな話を 家族が伝えても空回りするだけです。

だからこそ中立の他人に伝えてもらった方が効果的です。

自分の子は自分たちで責任をもって

社会に出すのは親の務めですし

そうあるべきです。命をかけて産んだのですから…

でも意思疎通が停滞した時は

迷わず他人の力を借りてください。

・・・・

と感じる今日このごろです。

最近では 

僕にご自宅訪問の依頼も来ていますし お受けしています

電話も拒絶するなら、僕が直接会いに行きます。

そんな事もご相談に乗っています。

4月28日29日は新潟にひきこもり歴23年の人に

会いに行ってきます。

僕のお役目だと信じ精進致します。

合掌

無料電話相談窓口  0120-91-4922 東野直通です。

posted at 2017/ 04/ 20

PAGETOP